<補足>上位表示させる意味

ここは一方的に話す。

仮にだ。君がスタンガンのサイトを作ったとしよう。
当然、多くの人にサイトに来てほしい。
メインキーワードは「スタンガン」とする。
つまり、「スタンガン」とネット検索欄に入力して検索した人を自分のサイトに集めたいわけだ。
その時、検索結果に自分のサイトが表示されてなかったら話にならないよね。

検索結果の1ページ目には大体10個のサイトが表示されるけど、この10個のサイトに自分が求めている情報が見当たらければ、2ページ目を見るよね。
でも、実際は2ページ目まで見ることはあんまりないはず。
だから、サイトアフィリでは1ページ目、つまり10位以内にサイトを表示させることが非常に重要になってくる。
限られた10のスペースを、多くのサイト作成者が狙ってくる。いわば椅子取りゲームのようなものだ。
もっと言えば、10位のサイトより1位のサイトのほうが目立つし、当然クリックされやすいよね。だから、できれば10位以内と言わず1位を目指す。
ちょっとデータを見てみよう。
clickrate
出典:SEMリサーチ

この手の検索順位とクリック率の関係についての調査は他にもいろいろあって、数字は異なるけど、1位のサイトには大体30%の人がクリックすると言われている。
2位以下は1位に比べてかなり低くなってくる。特に10位と1位では10倍ぐらい違っているので10位で満足してはいけない。まあ、少なくとも3位ぐらまでには入りたいね。

大体10位以内に表示されることを「上位表示」と言う。そして上位表示させる方法をSEO対策と言う。
今はスルーしていいけど、SEO対策には内部対策と外部対策があって、外部対策についてはとりあえずサイトを作り終えるまで気にしなくていい。
SEO対策については長くなるので別ページに書きたい。

このページの先頭へ