<補足>キーワード需要チェック

キーワードを思いついたら、キーワードの需要(どれぐらい検索されるか)をチェックする。
誰も検索しないようなキーワードでサイトや記事を作っても、アクセスが集まらないからだ。
自分じゃ結構検索回数が多いんじゃないの?と思って実際調べてみると全然だったりすることも多い。調べてなかったらそのまま突っ走って、人の来ないサイトを作ってしまう可能性も大きくなる。
よく検索されるキーワードを調べるツールを、キーワードツールといっていくつかあるのだが、ここでは僕がよく使う「goodkeyword」と「キーワードプランナー」を紹介しよう。

goodkeywordは検索回数までは分からないけど、検索される回数が多いキーワードを表示してくれる。上の方に表示されるキーワードの方が検索回数が多いと言われている。
goodkey

一方、キーワードプランナーはグーグルが提供しているツールで、グーグルの検索エンジンで月に何回検索されているのかが分かる。
キーワードプランナーは登録が必要だが、無料なのでぜひ登録しておこう。

登録したらログインして「運用ツール」のところのキーワードプランナーをクリックする。
「フレーズ、ウエブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」をクリックする。
検索窓にキーワードを入力して下の方にある「候補を取得」をクリックする。
例えば「スタンガン」と入力すると、こんな感じ。
keywordplanner

検索回数12,100回というのか、1か月にグーグルの検索エンジンで「スタンガン」という言葉が検索された回数だ。
多いか少ないか、これだけで分からないと思うけど、1万回超えたらアフィリエイトをやる上では多いかな、という印象。
なお、「競合性」のところが「低」となっているけど、これはライバルが少ないことを示しているようだが、いまいち基準は分からない。けど一応チェック。
「推奨入札単価」は、アドセンスやろうとする人は、ココの単価が高いほどクリック単価が高いので有利。12円は低いので不利。数百円あれば有利。

次はいかにも商品が売れそうなキーワード「スタンガン 通販」でチェック。
検索回数1,900回。
これを多いとみるか少ないと見るか?
競合するサイトの状況にもあるが、成果報酬アフィリで、いかにも売れそうな(購買意欲の高い)キーワードが月1,900回なら僕なら勝負する。数百回なら悩む、100回以下なら止める、ぐらいの感覚。
でも、クリック保証広告アフィリなら月1,900回では話にならない。月1万回以上はほしい。

本当はもっと詳細な検討の方法はあるけど、機会があれば別のところで紹介したい。

僕は1年で1000個以上キーワードをチェックしているし、本当にキーワードプランナーはよく使う。
キーワードチェックは宝探しにも似た感じで、結構楽しい。
「このキーワード、検索回数多いけど、競合めっちゃ少ない!これはもう稼げたも同然!!」
っていう感じでテンション上がる。

なお、僕は「goodkeyword」と「キーワードプランナー」の両方を使っているけど、キーワードプランナーが主で、goodkeywordはキーワードプランナーであまりキーワードが出てこなかったときに使う。
しかし、人によってはキーワードプランナーを使わないでgoodkeywordだけ使う人、あるいはキーワードツール自体使わない人もいる。

キーワード選定はある程度はマニュアル化できるけど、経験則みたいな部分も大きいし、何度も試行錯誤して自分のやり方を確立していかなくてはならないと思う。

<2017年10月追記>
1年前ぐらいから、キーワードプランナーが改悪されて、詳細なキーワード検索回数が見れなくなっている(見る方法はあるけどここでは割愛)。
最近では、替わりに
http://aramakijake.jp/
を使っている。
これって、グーグルのツールじゃないし精度がどれぐらいなのかわからないから、検索回数を真に受けるのは怖いけど、参考にはなると思う。

このページの先頭へ