商品選定・テーマ選定・キーワード選定概説

エロゲー
この前、アフィリエイトについてネットで調べてこい、って言ったけど、調べてきた?

ドキュン
おう、完璧だぜ。

エロゲー
じゃあ、アフィリエイトって何?

ドキュン
えーと、サイトやメールに広告を貼り付けて、その広告に行った人が商品を買ったら、その内の何割かがマージンとしてもらえる。あと、広告をクリックするだけで何円かもらえるタイプもあるそうな。

エロゲー
うん。大体正解。ドキュンの言う通りアフィリエイト広告には
●成果報酬型
●クリック保証型

の2パターンがある。

ところでドキュンよ、自分が人より詳しい商品や分野の話ってある?


ドキュン
そうだな、スタンガンとかおやじ狩りならちょっと詳しいぜ。

エロゲー
…(まあ、練習にはいいか)
初心者が最短で稼ぐには自分が良く知っている分野で勝負するのがベストだ。
だから、それを例にしてアフィリエイトサイト作成の流れを説明してみる。

商品選定・テーマ選定・キーワード選定

(エロゲー)これから、アフィリエイトの核となる超重要な話をするね。
いきなり言われても分からないかもしれないけど、この部分はスルーしちゃダメだよ。
まず、用語の解説をしよう。

★商品選定
アフィリエイトで販売する(広告する)商品を選ぶ。成果報酬型アフィリでは必須。

★テーマ選定
どういうテーマのサイトを作るか決める。

★キーワード選定
もっともアクセスを集めたいワードを決める。

じゃあ、具体的に考えてみよう。

まず、成果報酬アフィリで攻める場合、
商品選定は自分が良く知っているということで「スタンガン」とする。
やるべきことは、スタンガンのアフィリ広告が存在するのか確認することが第一(やり方はあとで)。
なければ、撤退するか、クリック保証型広告を貼る。
存在すれば、1個売ってどれぐらいアフィリエイターに入ってくるのか条件を確認する。マージンが低すぎたら撤退を考える。

サイトのテーマ選定だけど、この場合、いくつか考えられる。
まずは直球で「スタンガン」をテーマにしてサイトを作るのもいい。
あるいは、テーマを「おやじ狩り」にして、その中にスタンガンの記事を入れてスタンガンを販売するという手もある。
成果報酬アフィリの場合はテーマは商品を売る切り口だと思っていい。

●キーワード選定
テーマが決まれば、キーワード選定をする。
キーワード選定の方法は主に2通り。
★その商品をほしい人はどんなキーワードで検索するか想像する。
★キーワードツール(キーワードプランナーgoodkeywordなど)でキーワード選定する。

ドキュン
ちょっとまってくれ。そもそもキーワード選定ってなぜ必要なんだ。

(エロゲー)じゃあ、キーワード選定について少し補足しよう。
今スタンガンを売りたくて何らかのサイトを作るわけだけど、サイト作者以外はURL(アドレス)を打ち込んで直接サイトに来ないよね。そのサイトへ来る人はyahooやgoogleの検索エンジンで何らかのワードで検索して、その検索結果に表示されたサイトをクリックしてやってくるわけだ。

検索エンジンで何かを調べようとするとき、たとえば、安いスタンガンを買いたいときに、どういう言葉を検索欄に入力するか?
「激安のスタンガンを販売しているサイト」みたいな長い文字列じゃなくて、「スタンガン 激安」などの短い単語の集まりで検索することがほとんどだよね。
こういう、人が検索しそうな文字列を先読みして選ぶことがキーワード選定だ。

実はあまりキーワード選定せずに適当にサイトを作っても、何らかのワードでアクセスはある場合がほとんどだ。しかし、効率よくアクセスを集めたい場合、キーワード選定をしてサイトを作ったほうがアクセスが集まるのはわかるよね?

キーワードを選んだら、サイトタイトルや記事タイトルにそれを含める。
逆に言えば、人が検索しそうなワードをサイトタイトルや記事タイトルに含めるということが必要だということ。

それで、
★スタンガンをほしい人はどんなキーワードで検索するか想像する。
として、どんなキーワードが想像できる?

ドキュン
うーん、「スタンガン 買いたい」とか?

エロゲー
それも答えの一つだけど、もっとよく考えてみよう。たとえば、スタンガンってコンビニやスーパーじゃ売ってないよね?どこで売ってるかわからないから、通販で購入できないかなって思う人はいるよね。

ドキュン
「スタンガン 通販」とか?

エロゲー
うん、「(商品名)+通販」は鉄板といっていいほどのキーワードだね。ライバルがいないならまず狙ってみるね、僕なら。
他にも「(商品名)+購入」「(商品名)+販売」などもいいね。
これらのキーワードはスタンガンを買いたい人しか集まらないから、来る人が少なくてもかなりの確率で売れるキーワードだ。
サイトタイトルは「スタンガン通販 おすすめはこれ!」「最強スタンガンの購入はこちらです」ぐらいかな。

ドキュン
じゃあキーワード選定は「スタンガン 通販」でキマリってこと?

エロゲー
いや、問題はそう簡単じゃない。
僕たちが考えていることは他のアフィリエイターも考えているわけで、「(商品名)+通販」などのをキーワードにしたライバルサイトは非常に多い。調べてみてあまりに競合が多いようなら、特に初心者は戦いを避けた方が無難だろうね。

「(商品名)+通販」より購買意欲は落ちるけど「(商品名)+口コミ」「(商品名)+効果」「(商品名)+比較」などのキーワードでの参入も検討してみる。

それでもだめなら、やっぱりテーマを変えて「おやじ狩り」にしてみるとか、攻めるところをいろいろ検討してみる。

テーマやキーワード選定に困ったら、どんな人がその商品を買いたいのか深く想像してみよう。そうすれば他の切り口が見えてくる。
スタンガンがほしいのはどういう人?

ドキュン
やっぱ、路上強盗やりたい奴とかだろ?

エロゲー
…倫理的には大問題だけど、発想はそれでいい。
路上強盗やろうとしていて何が必要なのかネットで調べている人。これをターゲットにしてキーワードを選んでサイトを作る。
キーワードは例えば「路上強盗 道具」「路上強盗 必要 アイテム」とかかな。これならまず競合サイトは存在しないし一人勝ちできる。
サイトタイトルはこんな感じ「路上強盗必見!10大道具をピックアップ」「路上強盗に必要な10大アイテムを紹介!」。
当然、サイトの記事もそれに沿って書いていく。
しかし、実際はこのキーワードでは人は集まらないだろうね。調べてみたけど、路上強盗関連のキーワードで検索する人ってかなり少ないからね。
うまくはまればライバル不在で一人勝ちできるけど、アクセス数が少なすぎると意味がない。

ところで、君みたいな犯罪者気質の人以外なら、スタンガンを買いたい人と言えば、夜道が怖い腕力の弱い女性なんかを思い浮かべるだろうね。
ここから発想するとキーワードは「痴漢対策」なんかになってくるかな。これはたとえ話だから本当に稼げるか分からないけど。

アフィリの上級者にはもっと想像もつかないようなテーマやキーワードで人を集めて、商品を売りまくっている人がいる。
これが自由自在にできるなら、アフィリでくいっぱぐれることはないだろうね。

ドキュン
例えば、「死にたい」のキーワードでアクセスを集めて、ロープや練炭を売るってことか?

エロゲー
うん、君、本当に最悪だね。確かにそういうことだけどさ、そんなサイト作って本当に練炭が売れたらどうするのさ?絶対ダメ!

ドキュン
冗談、だよぉぉ?

(エロゲー)まあいいけど、次。
★キーワードツール(キーワードプランナー・goodkeywordなど)でキーワード選定する。
この場合は機械的にやればいいから簡単。ツールに「スタンガン」と打ち込んで出てきたワードをピックアップするだけ。
「スタンガン」「スタンガン 自作」「スタンガン 電圧」「スタンガン 通販」「スタンガン 威力」「スタンガン 効果」などのキーワードがピックアップできる。
goodkey

以上の2つのやり方で選定したキーワードの内、特に重要視するキーワード(複数可)をトップページのキーワードにして、そのほかのキーワードは個別記事に割り振る。
キーワードはサイトタイトルや記事タイトルに含める。
なお、別にキーワードとか関係なしに、書きたい記事があれば書いてもいい。自分のサイトだから、好きにしていいよ。

サイトの目次はこんな感じ
サイト名:「最強スタンガン通販はこちらです」(キーワード:「スタンガン 通販」)
個別記事1タイトル:「スタンガンの効果」(キーワード:「スタンガン 効果」)
個別記事2タイトル:「スタンガンの自作は危険」(キーワード:「スタンガン 自作」)
個別記事3タイトル:「スタンガン体験談」(キーワード:「スタンガン 体験談」)
個別記事4タイトル:「ズバリ!おすすめのスタンガンはこれ!」(キーワード:「スタンガン おすすめ」)


ドキュン
長い…。そしてちょくちょく分からん部分もあった。

エロゲー
確かに、キーワード選定の話はこれだけでは理解しきれないと思う。
上位表示させる意味
キーワード需要チェック
ライバルサイトチェック
サイトタイトルのつけ方
について同時に知っていないと、「なぜ?」と思う箇所が出てくると思う。
分からなかったら、上の3つを読んでから、今回教えたことを復習してくれ。

なお、次は実際にスタンガンのサイトを作ることを検討してみる。

<補足>
僕は初心者がもっとも早く稼げるには、元々よく知っている商品(あるいはテーマ)に取り組むことをお勧めしている。
しかし、それはその商品がある程度売れ筋商品である場合に限る。そういう意味でスタンガンはアフィリする商品としては少々辛いかもしれない(穴場の可能性もあるが)。
それなら、例えよく知らなくても人気ゲームソフトをアフィるほうが稼げる可能性は高い。
しばらくアフィリをやっていると、自分が良く知っている商品・テーマはやりつくして、結局、知ってる知らないにかかわらず、売れ筋商品の中からをアフィる商品を選定することになる。
だから、商品選定で一番大切なのは売れ筋商品の中から選ぶということだ。
本文の中で、スタンガンを例にしているにはあくまで説明のためだと思ってね。

ただし、クリック保証型広告を貼る場合はまた事情は異なる。
クリック保証型広告でアフィる場合、商品を売るわけではないので、売れ筋商品とかは考えなくていい。
自分が良く知っている商品、というかこの場合はテーマで、なおかつキーワード需要が大きいなら勝負できる。

商品選定をしなくてもいい分、初心者にはクリック保証型広告のほうが稼ぎやすいと言えるしお勧めだ。
(ただし、その分テーマ選定が非常に大切になってくる)。

次ページ:ASPに登録をして商品を探す

このページの先頭へ